FC2ブログ
2018/10/28(日)22:48
セルビン

え、まだなんかやるのか?


レグナ

ええ。
もしかしたらここが私達の最後の見せ場になるかもしれませんから
ネタバレにならないようなものは吐き出してしまおうかと。


セルビン

縁起でもないこと言うなよ・・・


レグナ

といってもそう晒せるものもないんですが。


セルビン

じゃあ、帰る。


レグナ

ではその前に発掘した
こちらだけでもご覧になっていって下さい。

天パ


セルビン

なんでこんなガスガス?
晒すにしてもペン入れくらいしろよ。


レグナ

こんなどうしようもないものにペンを入れる時間が無駄と判断しました。


セルビン

珍しく正論だな。
また面倒だったからとか言うのかと思った。

で、誰これ。


レグナ

貴方です。


セルビン

嘘だろ!? 超天パなんだけど!?


レグナ

正確には今の物語の前に創作していた作品のセルビンさんとリクさんの前身です。
盗賊で偶然にも名前がリク、しかし性格がセルビンさんでした。

そして彼女の双子の弟、という設定が。


ぶりっ子01


セルビン

このぶりっ子具合。
も、もしかして・・・


レグナ

マルベリーさんです。旧名はミーアさんとおっしゃいました。
表はぶりっ子、裏では弟をこき使う二面性のあるキャラです。


セルビン

良かった! 今の立ち位置でホント良かったわ!!


レグナ

因みにセルビンさんは現在消失した弓使いさんに性格がコンバートされています。
それがこちら。


三白眼02


セルビン

薄くて良く見えないんだけど三白眼?
あとなんか・・・北の民族っぽい?


レグナ

この時の話は、各国を巡り仲間を集めて魔王を倒す王道なお話でしたので
国の特色を模索した結果こうなりました。

一番はじめに仲間になるのはやはり私で、
孤島で暮らす主人公を迎えに行くというメインヒーローの片割れ役でした。

黒騎士


レグナ

王から勅命を受け主人公をお守りする寡黙で実直な黒騎士です。


セルビン

寡黙がどんな変換遂げたらこうなるんだよ!?


レグナ

それが最近気が付いたのですが、見目が騎士から執事になった途端、
どうも某乙女ゲームの最愛従者殿を無意識に重ねていたようなんですよね。
彼女の中で従者のツボは慇懃無礼な傍若無人のようで。
まあ、制作者の文章・語彙力の差で面影はほとんどありませんが。


セルビン

・・・青い球体インコのことか。


レグナ

私の特別扱いが若干強いのはその辺りが大きな理由になっているんだと思います。


セルビン

確かに優遇されてるよな。
そもそも個別だって初めはアンタと義兄だけだったし。


レグナ

けれど、相方が貴方とアヤさんをお気に召され
攻略対象に成り上がることが出来たじゃないですか。
おかげで相方持ちだったアヤさんをこちら(八子。)が受け持つことになり
仕事量は増える一方になりましたがね。


セルビン

え、じゃあアルトは?
あいつも攻略対象だろ?


レグナ

彼はおまけですね。
攻略対象が総じて年上ばかりでしたので
同年代がもう一人いた方がいいかと思っただけです。


セルビン

言い方!
少しでいいからオブラートに包んでやれよ!!


レグナ

ですが、今作をプレイしてみてあのお二人が恋愛に発展するところなんて考えられますか?
まだリューンさんとの方が描きやすそうですよ。


セルビン

・・・・・・それに関してはノーコメントで。
で、アイツの前身はねぇの?


レグナ

ありますよ。はい。

白騎士


セルビン

なんでトタン持ってんの・・・?


レグナ

盾のつもりかと。
デザイン力とセンスの無さが滲み出る一品ですね。

基本、名前は素材のものをそのまま流用させていただいているのですが
彼は素材をお借りさせていただいている 『三日月アルペジオ』 様でお見かけした際、
イメージがピッタリすぎたため当時のまま 「アルト」 と付けさせて頂いています。


セルビン

ん? でもアイツも違わね?
本当は 「リーン」 だろ?


レグナ

ああ、それはファイル名の 「lean」 のスペルを読み間違えたまま
ずっと制作していたからです。
だいぶ経って気づきましたが今さら感が強かったのでそのままに。


セルビン

バカなの?


レグナ

バカですよ?

さて、だらだらと長くなってまいりましたので
最後にそのリアン様をお見せして一度終了させていただくことにしましょうか。

ヒロイン


セルビン

雰囲気は今とあんま変わんなそうだな。


レグナ

いえ、むしろ真逆で口数が少なく大人しいモジモジ主人公でした。
そして序盤は私(黒騎士)と二人きりだったため会話らしい会話を描くことが出来ず
早々に投げ出したため他の皆さまは登場することもなく
この物語は闇に葬られることとなったのです。


セルビン

・・・俺、その点に限っては制作者の文章力のなさに感謝するわ。




to be continue・・・?





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://77nanahana87.blog.fc2.com/tb.php/3-7407cb1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 | ナナシノハナシTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX